表示が速いレンタルサーバーは、どこでしょうか!? アフェリモ

ホスティングサーバーの表示速度

作成日2022年01月02日

普段、使っているレンタルサーバーの性能が速いのか?それとも遅いのか?

1社(ConoHaWing)のみで運営していると、比較できる対象サイトがないため、なかなか判断しづらい状況です。

噂では「スターサーバー」が安くて速いらしいけど!?

現在はConoHaWingを使っている当方ですが、今まで「遅いなぁ~」と感じたことは一度もなかったです。

WEBページの読み込み速度を数値化できる「Google PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)」でも、当サイトは100点のスコアとなります。

GOOGLE ページスピードインサイト

※2回目以降はキャッシュが働くため、シークレットモードから一発勝負で測定したほうが正確になります。

気になるレンタルサーバーの表示速度

レンタルサーバーの速さ比較

当サイト、文字数が少ないし、WordPressではなくHTMLサイトです、そんな状況なのが「ページスピードインサイト」で、満点が出ているようにも推測できます。

ワードプレスにてガッツリ作り込むと「コノハウィング」はどうなのか?やや心配になるけど!

インサイトのスコア

スコア100点だけど、あまり楽観視もできない!

コノハウィングさんの性能を疑う訳ではありませんが、表示速度を比較できるサイトがありましたので、しっかり検証してみました。

主なレンサバ6社の測定値

名称 HTMLサイト WorPress PHP Ping
さくらサーバー
(スタンダード)
2.06s 2.01s 0.0149s 0.02168s
コアサーバー
(CORE-X)
0.44s 0.55s 0.0124s 0.00590s
スターサーバー
(スタンダード)
0.90s 0.61s 0.0042s 0.01420s
ロリポップ
(スタンダード)
0.66s 0.70s 0.0032s 0.00601s
エックスサーバー
(スタンダード)
0.53s 0.51s 0.0018s 0.01364s
ConoHaWING
(ベーシック)
0.59s 0.37s 0.0056s 0.00581s

※数値が小さいほど高性能ということになります。

2022年5月[1st-server.net]さんのレンタルサーバー速度比較
引用元:レンタルサーバーの比較

まあまあ、ConoHaWINGの測定値!

「エックスサーバー」にはやや及ばない、けれども「ConoHaWING」より格安なのに「スターサーバー」のワードプレスの性能の方が上廻っているようです、やはり価格と性能は比例しているとは一概には言えない模様です!

コノハウィングは遅くはなかったので安心!

WEBサイトの表示がもたつくと感じたら、上記のテスト結果を参考にしてみましょう!

レンタルサーバーの乗り換えを検討されている方は参考になると思います。

ページの表示速度は検索ランキングにも影響するらしいので、遅いホスティングサーバーを把握することは、集客やSEO対策にも繋がります。

WEBの表示スピードが上がることで多くのメリットが得られます。それだけホスティングサービスの選び方が重要ということになります。

まとめ

表示するまでに3秒以上かかると訪問者の離脱率が上がるという統計があります。自分が契約しているホスティングサーバーの性能がどのくらいなのか、知っておくことが重要です。

この記事が参考になれば嬉しく思います、また、何か感想があればコメント欄に投稿してください。

コメント


 
hp作成サービス

PAGE TOP